ご挨拶 -Greetings-

繋げよう、杉並ロータリーの未来へ。
Let’s connect to the future of Suginami Rotary

2021-22年度 会長 大澤 健太郎
President 2021-2020 Kenichiro Osawa

杉並ロータリークラブのメンバーの皆様、今年度34代目のクラブ会長を務めますのでどうぞよろしくお願い致します。
33人のパスト会長には遠く及ばないかもしれませんが、会長職を全うできるよう頑張ります。理事、委員長、各委員の皆さまには私の至らぬ部分を助けていただきたくご支援のほどをお願い申し上げます。

さて、なにはともあれコロナです。
私が会長に就任するころにはコロナもすっかり無くなって日常生活を取り戻している、、という想定は甘かったようです。ロータリーにおける親睦活動も奉仕活動も、「人との直接の関わり」なくしては成立しませんので大きく制限をされてしまいました。
今年度においても、例会の開催、奉仕活動などにひきつづき支障がでる場面が多くなると思われます。
前年度におけるZOOM仮例会などの経験を踏まえて、コロナ禍におけるメンバー同士の関わり、奉仕活動の実施可能性などをもう1段階引き上げて検討していきたいです。

今年度の地区スローガンは「奉仕の心でつながろう 地域と世界と」です。
オリンピックパラリンピックの開催も予定されているので、地域社会だけでなく、世界とのつながりの中での奉仕をすすめる年度ということでしょう。

また、RI会長テーマは、「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」。
やはりロータリアンとしては奉仕の精神ということですね。
奉仕についてはコロナがある程度は収まってからかもしれません。
また、RI会長は会員増強について例年以上に力をいれているようです。

わが杉並ロータリークラブも、増強についてはメインテーマのひとつととらえております。
増強についての具体的施策は会員増強委員会、また今年度新設の戦略計画委員会を両輪としてすすめていく予定です。
こちらについても皆さまの協力をお願いします。

杉並ロータリーの今年度スローガンは「繋げよう、杉並ロータリーの未来へ。」です。

会長エレクト杉山さん、その後に続く会長就任者についても、ロータリー歴があまり長くない方や世代として若手とされる方が会長に就任すると思います。そのトップバッターとしての役割も自分にはあると感じております。
いままでの伝統を残しつつ、次世代のロータリー運営としてどのようなカタチが最適なのか?他のロータリークラブの動向などを勘案して模索することも必要と思っています。

奉仕活動についても単年度でなく、なるべく長い期間続くような活動を設定できたらと考えています。

年度が終わるころにはコロナも落ち着いているといいですね。そうなれば、奉仕活動も親睦活動も予定どおりに進めることができます。

1年間、皆さまのご協力をどうかよろしくお願い致します。

ページ上部へ戻る